商品の動画作成の効果

商品のプロモーション活動の一つに動画を使う事があります。
まずは企業側にとっても良さを文章で伝えるだけでなく、映像と共に映し出す事によって良さを引き立たせる事が可能です。
これは企業側からだけでなく、個人ユーザーも感想として動画をあげる事があります。
個人ユーザーの動画は商品を良く魅せようという事がないので、より商品がどのようになっているかを見る事が出来ますし、部屋に置いてある状態を見る事が可能です。
これは企業が広告に書かれている内容が本当なのか、見た目や使い勝手なども感想として見えてきます。
パソコンであれば起動までの早さや処理速度などをアップしている人もいます。
そしてゲームプレイをしてみての感想であったり、ベンチマークを映し出してくれる所もあるので、購入時の参考に使う事ができます。
電気屋に行っても少しの動きというのは見る事が出来ますが、インターネットなどに繋いでいないのでどれだけの負荷に耐えられるかというのを見る事ができません。
特に電化製品は使ってから返品をする事が出来ないので、ユーザー動画は非常に役立つものであります。
このように企業やユーザーが商品を動画でアップしている事によって、買う側にとって一つの指標となります。

DVDとブルーレイに収録されている動画の違い

DVDとブルーレイに収録されている動画の違いを解説します。
まず、解像度です。
簡単に説明すると、解像度とは「その画像が、どのくらいの数の点で描かれているか」です。
DVDは横740×縦480の点で描かれています。
ブルーレイは色々な規格があるので一概には言えないのですが、一般的には横1920×縦1020で描かれています。
この時点で、同じ大きさの点で描くとすると、大きさが大分違うという事が分かると思います。
次は画質の違いです。
動画をDVDやブルーレイに収録するときはその動画の圧縮方式があります。
非圧縮の場合もあります。
DVDはMPEG2(エムペグツー)という圧縮方式で素材を圧縮しています。
この圧縮方式を(非圧縮の場合もあります)を一般的にはコーデックといいます。
ブルーレイのコーデックは一般的にはH264を使用しているものが多いです。
また、この解像度やコーデックの違いは簡単に、SDとHDと言われることがあります。
DVDはSD、ブルーレイはHDです。
簡単に言うと、アナログテレビとデジタルテレビのような感じです。
例えば、HD対応のテレビでSDであるDVDをSDの端子で見ると720×480の 大きさを1920×1020に引きのばして見ているので何となくぼけて見えるのです。
これをSDの端子で見ないで、HDMI等のデジタルの端子で見ると、その端子で アップコンバートというのをするので、多少は綺麗に見えます。
このアップコンバートとはDS→HDに変換することを言います。
また、SD(アナログのテレビ)でSDを見るとそのままの大きさでだすので、 ぼけて見えたりすることはありません。
逆にSDのテレビでHDを見ると小さくして見ている 状態で、綺麗に見える訳ではありません。
とにかく簡単に大きさだけでみてもDVDとブルーレイにはこれだけの違いがあるということです。
セックス動画などをブルーレイで観れば、その違いは一目瞭然です!
ニキビや肌の荒れ具合などもしっかりと確認できるほど、綺麗に女性が感じてる姿を楽しむことができます。
ブルーレイであれば、すべてがはっきりと綺麗に見えるのでエッチ動画などに出演している女優さんからすれば、あまり嬉しいお話ではないでしょう。
一度でもブルーレイのアダルト動画とDVDを比較してもらうとその差が歴然です。
アダルト動画などで観る方が簡単に違いを分かることができると思います。
リアルな感じがたっぷりと伝わってくるので、一度ブルーレイでオナニーしたら、もう二度と抜けられないのも納得という感じです。
少しお恥ずかしいお話ですが、個人的に私が一番最初にブルーレイで観た動画が人妻動画だったのです。
人妻が好きだとういこともありますが・・・・そのときの感動が今でも記憶に残っています。
ブルーレイとDVDだけでここまで違うのかと本当に衝撃的でした。綺麗な美熟女や人妻達の裸が綺麗ですべてが丸見えといった感じでした。
そこからもうずっと人妻動画をみるときは、絶対にブルーレイだって心に誓っております。
一度といわず、二度、三度是非お試し下さい。